イタチ駆除ならイタチ駆除navi

*

イタチ駆除navi

年間受付件数20万件以上

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0800-805-7761

フリーダイヤル0800-805-7761

鳥獣保護法とは

駆除に関する知識

アライグマやイタチは、鳥獣保護法で保護されている動物なので、自分で勝手につかまえたり殺してはいけません。

鳥獣保護法はこのような目的で定められています。

■狩猟の適正化
むやみやたらに鳥や動物の狩りを行わない
■生物の多様化の確保
生態系を保つために、多くの種類の生物が共存出来るように、適正な数をたもつ

このような目的で定められ、ひいては、人間が生活していく上に適した自然環境や農業、林業、漁業などの発展を実現できるようにするためのものです。

対象となる生き物

鳥獣保護法で保護の対象となっている生き物はかなり多くいます、

この法律の元で保護の対象となっている野生鳥獣は、鳥類、哺乳類に属するすべての野生生物です。
つまり、ペットとして飼育されているものではない野生の鳥や哺乳類はすべてこの対象となっているわけです。

ただし、ネズミの場合には例外があります。
ドブネズミなど、環境衛生に支障をきたすような恐れがあるものは、除外されています。

ですから、アライグマもイタチも、野生動物である時点でこの法令の元に保護されなければいけないわけです。
勝手に駆除したり殺したりすると、鳥獣法違反になってしまいます。
駆除の際には、駆除業者が適切に行わなければなりませんし、自治体への申請と許可が必要です。