イタチ駆除ならイタチ駆除navi

*

イタチ駆除navi

年間受付件数20万件以上

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0800-805-7761

フリーダイヤル0800-805-7761

イタチにまつわる事例

外来種の野生化による問題

そもそも、アライグマは、もともとは日本には生息していなかった外来種です。

1970年代、TVアニメ「アライグマ ラスカル」が放映されたことがきっかけとなって、アメリカから1500頭あまりが輸入されました。TVアニメのような可愛らしさが人気となり、ペットそして飼う人が増えたのです。
ですが、アライグマはとても手祭が器用なため、ドアを自分で開けたり、檻のカギを外して逃げ出すことも多く、相当な数が野生化したようです。

ラスカルのアニメってみなさんはご覧になったことがあるでしょうか・
あのアニメでは、最終回で、「動物は自然の中で生きていくのが一番」というメッセージがあります。
そのメッセージが影響したのかどうかはわかりませんが、ペットとして飼育していた人の多くが、やがて身勝手にも野生に放すようになってしまったんです。
やはり動物を飼育するのは想像以上に大変なことですし、すべてが理想通りにうまくいくわけではありません。このような人間の身勝手さによって、多くのアライグマが野生化したんです。

当時は、一般の人はもちろん、専門家でさえも、外来種が野生化することで引き起こされるであろう問題や危機に対して鈍感だった部分もあるようです。
野生化した動物は、繁殖を繰り返し、次第に個体数を増やし、元の生態系に影響を及ぼしたり、人の生活にも被害を与えるようになってしまったんです。