イタチ駆除ならイタチ駆除navi

*

イタチ駆除navi

年間受付件数20万件以上

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0800-805-7761

フリーダイヤル0800-805-7761

イタチの生態

イタチの特徴

イタチもアライグマ同様に、近年都心部や住宅街で被害が増加している動物です。
西日本に多く生息し、種類はニホンイタチとセイヨウイタチの二種類です。

現在被害を多くもたらしているのはチョウセンイタチです。かれらは、元々は日本には生息していなかった種類ですが、毛皮をとるためやハブやネズミ退治のために持ち込まれたと言われています。

茶色くてフワフワした可愛らしい見た目をしているのでペットとして飼う人もいますが、こちらもアライグマ同様、ペットが野生化して繁殖するケースが多く、非常に問題になっています。

県や市町村への許可申請まで

現場となったのは某寺院です。イタチが天井裏を走る音によって2週間ほどの睡眠妨害を受けているとのことでした。
イタチの防除手順は次のように行われます。
まずは外屋根の上や内部天井裏で、有害獣の足跡や形跡を調査します。調査の結果判明した有害獣の行動ルートを基に、専用の捕獲装置を設置しました。その後、県、市町村へ捕獲申請をし、許可をもらいました。
現場の周囲に捕獲カゴを設置し、捕獲します。天井裏の清掃や侵入経路の封鎖、殺虫、除菌消毒を行いました。
回収した有害獣はガスで窒息死させ、市町村が指定した焼却場で処理をしました。
市町村へ写真付きの「外来有害生物捕獲報告書」を作成、提出して、駆逐作業は完了しました。

特長

イタチも、近年深刻な被害をもたらしています。

民家の天井裏に侵入し、騒音被害や糞尿被害をもたらします。

イタチは夜行性なので、人が寝静まるくらいの時間から活発に活動し始めます。天井裏を走り回るので、睡眠の妨げになることもしばしばです。
外で捕まえた動物を持ち込んだり、天井裏に住んでいたネズミを食べたりするので、悪臭も放ちます。
動物の死臭が立ち込めたり、そこにハエがたかってきたりするので、悪臭や不衛生さは想像を絶します。

イタチ自体も、身の危険をかんじると威嚇のために悪臭を放つので、そのにおいもまた強烈です。

イタチが天井裏などに住み着くと、他の動物とは比べ物にならないくらい臭いがひどくなるんです。

アレルゲンとなるノミやダニも持っていますから、住人への健康被害の心配も出てきます。