イタチ駆除ならイタチ駆除navi

*

イタチ駆除navi

年間受付件数20万件以上

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0800-805-7761

フリーダイヤル0800-805-7761

イタチにまつわる事例

みんな気になる駆除事例 その1

現場となったのは一般家屋です。家屋内で有害獣が発見されました。
毎日のように天井裏を走る音や獣の独特の臭いに悩まされていたことから、お客さまからのご依頼をうけました。
まずは調査から始まります。
足跡、脱糞などからチョウセンイタチと判明しました。
見積り完了後、契約が成立すると、市役所へイタチの確保申請をします。許可が下りると、天井裏や外周、倉庫などにイタチを捕獲装置を数台配置しました。
後日、お客さまからイタチが捕まったとの報告をいただいたので、実際の有害獣を回収しに伺いました。
その際、もう一度点検し、さらに様子をみた上で、再侵入防止工事を行います。
さらに天井裏の清掃、断熱材交換工事、ダニ駆除、除菌消毒などを行い、これで駆逐作業は完了です。
駆逐作業完了の約1年後に、再び点検を実施しましたが、特に有害獣が再侵入した形跡はなく、お客さまにもよろこんでいただけました。

みんな気になる駆除事例 その2

現場となったのは某寺院です。イタチが天井裏を走る音によって2週間ほどの睡眠妨害を受けているとのことでした。
イタチの防除手順は次のように行われます。
まずは外屋根の上や内部天井裏で、有害獣の足跡や形跡を調査します。調査の結果判明した有害獣の行動ルートを基に、専用の捕獲装置を設置しました。その後、県、市町村へ捕獲申請をし、許可をもらいました。
現場の周囲に捕獲カゴを設置し、捕獲します。天井裏の清掃や侵入経路の封鎖、殺虫、除菌消毒を行いました。
回収した有害獣はガスで窒息死させ、市町村が指定した焼却場で処理をしました。
市町村へ写真付きの「外来有害生物捕獲報告書」を作成、提出して、駆逐作業は完了しました。

県や市町村への許可申請まで

このように、イタチなどの有害獣の駆逐作業は、調査、実施、清掃、再侵入防止工事からその後の点検、さらに県や市町村への許可申請まで、しっかりと行っております。