イタチ駆除ならイタチ駆除navi

*

イタチ駆除navi

年間受付件数20万件以上

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0800-805-7761

フリーダイヤル0800-805-7761

有害獣(イタチ)に関する基礎知識

有害獣についての基礎知識を学ぼう

私達の生活に害をなす、有害獣。その有害獣の基礎知識について説明します。
日本では主にチョウセン、ニホンイタチ、コイタチの3種類が生息しています。
その中でも一般家庭などで被害をもたらしている種類の多くは、先の2つでご紹介した有害獣だと言われています。
この2種は、山間や平地のいたるところに棲んでいますが、一般には海岸沿いの水辺に多く生息しています。
泳ぎも上手が得意で、3cm程度の小さな隙間でもすり抜けてしまったり、壁でも平気で上ることができます。
交尾期は4月から5月で、年に一度で5匹から6匹を出産します。


実は雑食性で、肉食動物

イタチは雑食性で、肉食動物です。ネズミ、鳥、カエルなどの小動物、魚類、昆虫、果物類など、様々なものを餌にします。
つまり、餌を確保する面で、一般家庭は良い条件だと言えます。
特に、天井裏にネズミが侵入していたり、野鳥が巣を作っていたりする一般家庭では、有害獣の餌となる小動物がいるので、侵入する可能性が高くなります。


侵入すると、生活を始めます!すぐに対策を。

これら有害獣であるイタチが一般家庭に侵入しだすと、天井裏の断熱材などで巣を作りだし、そこで生活を始めます。
巣を作るために断熱材を荒らすので、一部の断熱の機能がなくなる被害がおこります。
もちろん、尿や糞をするので、衛生面での問題も発生します。
さらに、イタチが原因となりノミ、ダニを繁殖させ、アレルギーを発症させたり、台所などに侵入し、食器などを荒らす被害、また、移動する足音で睡眠妨害が起こるなど、被害は様々。
そういった被害が大きくならない為にもイタチ駆除のプロに駆除をお願いしましょう。