イタチ駆除ならイタチ駆除navi

*

イタチ駆除navi

年間受付件数20万件以上

ご相談無料24時間365日受け付けております

フリーダイヤル0800-805-7761

フリーダイヤル0800-805-7761

イタチ駆除の方法

実際の作業の方法について

これらの害獣の対策方法としては、侵入阻止施工法(防除)、捕獲法、忌避剤追い出し法が主にあげられます。

直径3㎝程度の穴があれば侵入する

イタチは直径3㎝程度の穴があれば侵入すると言われています。侵入阻止施工法(防除)は、その穴を防いで捕獲する方法です。足跡や形跡を参考にし、経験に基づいて穴を見つけ出します。その箇所にあわせた材料で穴を塞ぎ、再侵入を防止するといった手順になります。イタチが侵入する穴が分かりにくい場合には、蛍光粉末を用いた最先端機器によって追尾調査を実施いたします。

建物が長屋のような造りであったり、築年数の古い家屋など、その他様々な理由によって侵入阻止の難しい現場の場合は、捕獲法を行います。捕獲かごを設置し、捕獲する方法となります。こちらも長年の経験から得た知識を元に編み出された資材を設置することで、高確率の割合で次々と捕獲していくことでしょう。

忌避剤追い出し法

忌避剤追い出し法は、特殊な薬剤や煙霧在を使用して、害獣などを追い出す方法です。天井裏などのイタチが栄巣している場所や、侵入阻止をする前に使用します。この方法は一時的な効果しかなく、他の撃退方法を実施する際の補助的な役割で用いたり、現場の構造上の問題によって、侵入阻止が出来ない場合に用いることがあります。

また、害獣の追い払いについては、『鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(鳥獣法)』によって管理されているので、一般の方、さらにはイタチ駆除のプロであっても薬剤使用や、許可無く捕獲処理する事は禁止されています。

イタチの捕獲にあたっては、その地域の自治体が指示する申請が必要になりますが、当社が責任をもって申請いたしますので、ご安心下さい。